2009年11月13日

2009年10月28日・29日 第11回 長崎ハーレーフェスティバル運営本部  村上 幸二 様

村上さんはハーレーダビッドソン大分・長崎・佐世保と三店舗のオーナーでいらしゃいます。もちろん、ハーレーオーナーで、例えばネクタイやタイピンなど身につけていらっしゃるものも よく見ればハーレーグッズでした。 さて今年で11回目を迎える長崎ハーレーフェスティバル、10月31日・11月2日は水辺の森に約2000台のハーレーが結集。恒例となった交通安全パレード、カントリーのスペシャルライブほかご家族で楽しめるイベントになっています。始まりは1999年の「日蘭交流400周年記念イベント」として開催され、年を追う毎に規模も大きくなってきたそうです。ハーレーファンの団結も固いという村上さんのお話ですが、迫力あるハーレーが水辺の森近辺を埋め尽くしそうな二日間でしょうね。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日・27日 ながさき双六の会 池田 康代様

長崎の町を双六に見立ててのまちあるき双六大会。今年で三回目を迎えます。今年は来年の大河ドラマ龍馬伝もあって、テーマは幕末の長崎をかけぬけた人々を訪ねて・・です。坂本龍馬に関わりのあった志士達、また龍馬を応援した大浦お慶ゆかりの場所などなど、長崎さるくがスタートする前の準備期間から関わってきたガイドの皆さんが趣向をこらしてのマップ作りをされています。それぞれのスポットでは手作りの双六をふり ゲームも交え、そして景品も頂けるという一石二鳥ならぬ三鳥の美味しいイベントです。ボランティアの高校生達がゲームのアシスタントを元気に勤める点も参加者に好評だとか。大会に参加された皆さんはきっと幕末通にもなられたことでしょう。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日・22日 おしゃれの店 博多屋 山崎 晃裕 様

創業126周年を迎えた おしゃれの店 博多屋のオーナーの山崎さんは やまちゃん日記というブログでも女性の美容を応援しています。とても明るくストレート、で楽しい社長さんでいらっしゃいます。コンビニでもネットでも化粧品が気軽に買えるようになった昨今、必要なことはお客様ひとりひとりにあった適切なアドバイスとそこから生まれる信頼関係。山崎さんが最も大切にしていることです。なかなか来店が難しい方には商品を郵送したり、また季節にあったお手入れ情報の発信など、お肌のサプリは博多屋でというお客様が多いのも納得です。やまちゃん日記をチェックしてみて下さい。山崎さんの人柄も伝わってきます。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日・20日 長崎歴史文化協会員 松澤 君代 様

松澤さんは先だって亡くなれてたご主人と共に長崎の歴史文化について学ばれてこられました。お話は文化協会の活動内容他、ご主人の赴任先スペインに家族揃って滞在した年月のこと、現在趣味として楽しまれている布絵など・・と幅広い話題であっという間の一時間でした。お会いした時は 亡くなられたご主人の追悼集の自費出版がまじかというとこもあり、お忙しい最中だったのです。そして数日たった日に刷り上った「心の旅路 思い出のサブノート 松澤七蔵 追悼集」をお持ちくださいました。ほんとに素敵なご夫婦だったことがわかります。これからも歴史文化協会の活動をご主人の分まで楽しまれてください。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

2009年10月14日・15日 TOSS長崎 末光秀昭様・小田 哲也様・伴 佳代様

子供達って学校でどんな生活をしているのか、先生との関係は良好か、授業内容はどうなんだろう・・とか子供を持つ親は気になるところです。今回お会いした小学校の先生御三人は、教育者としての使命感に溢れ、真摯に子供達に向き合っていらしてました。TOSSとは教育技術法則化運動で、教師が教育技術についての方法を学びあい提唱していく全国的に広がっている運動です。「できない」ことが「できる喜び」に変われば授業も楽しく集中できますね。先生方のお力の影響力も大きいです。先生方がコミュニケーションをとりながら切磋琢磨していらっしゃる様子も楽しげで感動しました。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日・13日 リレーションクリエーター 平松 泰人様

人間関係がうまくいっている時はよくてもこじれた時、そしてどうしても上手く折り合えない人と仕事をする時・・そのストレスでお悩みの方は多いと思います。平松さんご自身も仕事の上で人間不信に陥った経験があり、よりよいコミュニケーション術を身につけるための活動がオーティアット設立へと繋がったそうです。コミュニケーションすること、クリエイションすることをもっと面白く!とおっしゃいますが、まずその人に対しての思い込みを捨てること、そして自分と他人の違う部分を理解し、違うぶ部分を相手に合わせていく・・という4つの法則があるのだとか。詳しくはo-tiatのHPをご覧下さい。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月7日・8日 小川凧店 小川 暁博様

市内唯一のハタ専業店小川凧店三代目でいらっしゃいます。タコではなくハタ。長崎の春の風物詩 風頭のハタ揚げ大会で、沢山のケンカ凧が青空を舞い踊る様子は見ごたえ十分です。鮮やかな色合いが空にも映えますね。小川さんはハタの伝統模様120種類を再現、最近はさるくコースのスポットにも組み込まれ、店を訪れる人達へハタの説明をされたり、修学旅行生への体験教室講師として招かれたりと、長崎の伝統文化の語り部としてもお忙しくされています。お仕事柄、腰痛持ちでね〜とおっしゃる小川さん、お声も大きく笑顔も素敵で、楽しいお話有り難うございました。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

2009年10月5日・6日珈琲人町 竹下雅哉様

東古川町 ししとき川沿いにには おしゃれで個性的なお店が並んでいます。通りを歩いていると 珈琲の芳しい香が漂っていますが、それは竹下さんが入れる珈琲の香り。「あたりまえのことをきっちりやる」ことをポリシーとしていらっしゃるということで、とつとつのした静かな話ぶりの中にもこだわりが感じられます。今月のオススメ他 定番のブレンドも浅煎りから深入りまで三種類あり、毎朝丁寧に焙煎しています。常連のお客様の好みにも、そして季節にも合わせて、人と町をつなぐ珈琲屋さんです。竹下さんが入れる美味しい珈琲を、周辺の静かなロケーションでくつろぎながら頂きたいですね。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年9月30日・10月1日 長崎あざみ落語会まとめ役 こそだ亭舞扇さん

「ママさん落語家ただ今奮戦中 芸は育児ストレスを助く」と新聞にも掲載されましたが、こそだ亭舞扇さんこと馬渡奈々さんは5歳と3歳のお嬢さんを御持ちのママ。九大と長大の落語研究会OBでつくる「長崎あざみ落語会のまとめ役を努めていらっしゃいます。ご主人とは九大落研からのお付き合いで、心強い理解者だとか。色んな場所に呼ばれて噺をする機会にも恵まれ、年に一回の寄席も今年は長崎歴史文化博物館にて11月15日に開かれる予定です。子育てで経験したことが噺家としてもためになっているとおっしゃります。木戸銭は無料だそうなので、一度寄席をご覧になってみてはいかがですか?
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

2009年9月28日・29日 日本「長崎ねこ」学会会長 西島 繁行 様

尾曲がり3兄弟キャラクター愛称は「のん」「たん」「ちぃ」に決まりましたね。日本「長崎ねこ」学会とは 長崎に棲息するお曲がり猫を「長崎ねこ」と呼び、そのルーツと尾曲がった原因を楽術的に市民レベルのグループだそうです。長崎人ならでは発想ですが、それを学会と銘打っているところが凄いです。
長崎ねこのルーツはオランダ貿易の祭、船内のねずみ対策として船員の愛玩用として東南アジアに多いとされている「尾まがり猫」が船に持ち込まれ、長崎に降り立ち広まったのでは・・という推測しているとのこと。猫にまつわる川柳の募集もしたりと これからの学会の展開に目がはなせませんニャ。

posted by EYE'S OF NAGASAKI at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。