2010年01月15日

2009年12月30日・31日 長崎総合科学大学教授 ブライアン バーフガフニ様

1972年にカナダから、ヨーロッパ・インド等を経て来日。それからは 臨済宗入門得度、京都の妙心寺で9年間禅の修行されて 82年から長崎に魅せられて住み着くようになったとか。
現在は長崎総合科学大学 人間環境学部教授、長崎市国際アドバイザー等、長崎の歴史や文化に造詣の深い外国人として講演されることも多く、グラバー園の名誉園長もされています。とても綺麗で丁寧な日本語を流暢に話し所作も美しいバーフガフニさんでした。今年のアイズのシメを飾って下さり、有り難うございました。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。