2010年01月07日

2009年12月9日・10日 四海楼社長 陳 優継 様

居留地に大きな中華風の建物を見つけたら それはちゃんぽんで有名な「四海楼」。四海楼四代目の陳さんがこのたび「ちゃんぽんと長崎架橋」という本をだされました。 曽祖父平順さんのちゃんぽん誕生から四海樓の人間模様、長崎華僑の祭事と文化の紹介など 四海楼のちゃんぽんのスープのように濃厚な美味しい出来上がりです。陳さんは長崎の食文化、観光振興にも熱心に関わっていらっしゃり、昨年まではランタンフェスティバルの獅子舞でも活躍。今は後任の指導をされていらっしゃるとか。これからも美味しい長崎の味を届けて下さいね。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。