2009年11月06日

2009年10月7日・8日 小川凧店 小川 暁博様

市内唯一のハタ専業店小川凧店三代目でいらっしゃいます。タコではなくハタ。長崎の春の風物詩 風頭のハタ揚げ大会で、沢山のケンカ凧が青空を舞い踊る様子は見ごたえ十分です。鮮やかな色合いが空にも映えますね。小川さんはハタの伝統模様120種類を再現、最近はさるくコースのスポットにも組み込まれ、店を訪れる人達へハタの説明をされたり、修学旅行生への体験教室講師として招かれたりと、長崎の伝統文化の語り部としてもお忙しくされています。お仕事柄、腰痛持ちでね〜とおっしゃる小川さん、お声も大きく笑顔も素敵で、楽しいお話有り難うございました。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。