2009年10月15日

2009年9月21日.22日 かとうフィーリングアートダンサー 加藤 久留美様

8月23日にかとうフィーリングタップクラス第8回リサイタルがあり、私もチトセピアホールに行ってきました。フィーリングアートとタップをドッキングさせてフィーリングタップ、久留美先生が踊る喜怒哀楽をテーマにした舞いは本当にお見事でした。スレンダーな体ながらのあの躍動感、パッションを全体で表現し、手のしなやかな動きには暖かい愛を感じます。練習前後のストレッチが大切、と人の二倍の時間をかけるとおっしゃいますが、人に優しくご自分に厳しい方のようです。表現者として、アーティストとして、また生徒達を育てるという意味では指導者として、今後のご活躍もお祈りしております。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。