2009年06月19日

2009年6月1日・2日 ウンスンカルタ長崎ロバイ会長 進藤 敏夫様

16世紀に長崎に伝わったと言われるウンスンカルタ。ウンスンカルタ愛好者達が集まって毎月第一・三日曜の午前10時から 平野町の歴史民族資料館で 楽しい集会をひらいていらっしゃいます。会長の進藤さんは 実際ウンスンカルタをお持ち下さって ルールについて、ゲーム内容について御紹介くださいました。初めての私にとっては ちょっと複雑。カルタの色彩と不思議な絵図が印象的で、昔長崎に向かう阿蘭陀船の乗組員達が娯楽として、また勝負をかけても楽しんでいたカルタが今も尚伝承されているんですね。80歳も目の前とおっしゃる進藤さん、カクシャクとしていらして、若さの秘訣にウンスンカルタありかもしれません。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。