2009年06月19日

2009年5月27日.28日 俳人・漫画家 松尾龍之介 様

松尾さんのプロフをネットからひぱってきました。昭和21年長崎市生まれ。上京して後 漫画家 杉浦幸雄氏に認められ「漫画社」を中心に仕事を始める。著書には「漫画俳句入門」「なぜなぜ身近な自然の不思議」「漫画NHKためしてガッテン」〜。松尾さんのお話は季節感あり、味わいがあり、吸い込まれるようにお話を伺わせて頂きました。松尾さんが若かりし頃に作ったという俳句もいくつかご紹介いただきましたが その中から4月の一句、青き踏む 被爆の町の 子と生まれ 松尾さんは長崎が生んだ天才蘭学者 志筑 忠雄の研究と生涯に感銘を受け、長い年月をかけて「長崎蘭学の巨人 志筑 忠雄」を書き上げました。書店でも販売中です。ご覧下さい。     
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。