2009年05月07日

2009年4月22日・23日 かとうフィーリングアートバレエ 加藤 久邦様

だめもとと思い番組出演依頼のお電話を差し上げた時、非常にやわらかく優しい口調でOKのお返事を頂いたことで、お会いできるのを楽しみにしておりました。長崎のダンス界でカリスマ的オーラをお持ちの加藤先生は今回78歳で初の自伝「魂のLOVE AND LUCKY」を長崎文献社から出版されました。東京で一流バックダンサーをして活躍されていましたが、ご家族の希望で帰郷、独自の舞踊創作には子供時代の戦争体験もあって「人類愛と平和」のエッセンスあり、現在も現役ダンサーとして舞台に立ちながら、子供からお年寄りまで幅広くダンスを教えておいでです。加藤先生、ありがとうございました。そしてこれからもどうぞお元気で。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。