2009年03月27日

2009年3月23日・24日 絵本作家 東 フミ子 様

出身は大分県、大阪市職員を定年後2005年から長崎に移住していらっしゃいます。外海の夕陽が丘からの眺めに魅了され、持ち家を処分してのお引越しに迷いはなかったそうです。現在は外海で美しい自然と豊かな食材でスローライフを楽しみながら童話やエッセーを書く毎日を過ごしておいでです。今年1月に絵本「じゅんくん あそぼ」を自費出版、子供達にやさしい心、お友達を思いやる心を持って欲しいという気持ちと、子供達を暖かく見守る大人へのメッセージがこもった絵本です。今後、絵本の読み聞かせ、お母さん方の集まりにも参加したいとおっしゃっていました。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。