2009年03月05日

2009年2月23日・24日 和太鼓衆 大鬼侍 団長 下村 貴洋様

「大鬼侍」と書いて「だいおんじ」。 鬼退治をする侍を太鼓に見立てて名前をつけたとおっしゃる下村さん、普段は保育士としてお仕事していらっしゃいます。和太鼓の鼓動はおなかの中で赤ちゃんが聞いている心臓音と同じといい、だからこそ和太鼓は国境を越え老若男女楽しめるという特徴があるそうです。祭りや結婚式、イベントに呼ばれることが多く、3月8日には「わっかもん!AISIA舞踏祭」のオープニングを飾ります。水辺の森に「大鬼侍」のメンバーが打ち鳴らす太鼓の音が響き渡ることでしょう。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。