2008年12月11日

2008年12月1日・2日 はんこ作家 かんの みちよ様

はんこは小さな版画だとおっしゃいます。印材は消しゴムで、柔らかくで彫り易くかんのさんのイメージを形にするのにとても適しているそうです。 インクのつけ方だけでなく押し方によっても出来上がりが変わり、一枚一枚違った作品が生まれる・・というのも素敵ですね。東洋的なものもあれば、西洋的なものもあり、さまざまな時代もブレンドされた芸術作品という印象をうけました。これからも蔵書票や豆本など、色々なものではんこの世界を広げたい・・とおっしゃるかんのさんでした。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。