2008年10月17日

2008年10月15日・16日 わらべうた  山田ゆかり様

わらべうたは、物が無い時代から遊びと歌が一体となった 子どもの作り出した遊び文化といわれています。「わらべうた」セミナーの開催ほか、わらべうたの普及活動をしらっしゃる山田さんは「あっかとばい」の代表です。子供の頃、出島で育ち、いつも長崎文化の中心出島の中で遊んでいたということもあって、
当時の思い出もさまざまだとか。ゲームで遊ぶことの多くなった昨今、手遊びや身体をつかっての遊びの楽しさ、大切さを話してくださいました。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。