2009年07月13日

2009年7月1日・2日 リサイクルショップ HappyPrincessオーナー 木下 律子様

木下さんはふたりのお子様のお母さん。子供が小さい時から、子供服の値段の高さになんとかできないかと考えていたどこと思いついたのがリサイクルショップでした。確かに子供の成長は早く、頂きものも傷まないうちに小さくなった着れなくなったりしますね。中通りにオープンしたショップは現在大盛況、子供服のみのお店と婦人服取り扱い店と向かいあって2店舗あるため、お客様も自由にお気に入りを探しに出入りしているそうです。「最近は中年の女性が、若いアイテムをファションに取り入れたいと買われていきますよ」と木下さん。買いたい人だけでなく、売りたい人もどうぞお立ち寄り下さい。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年6月29日・30日 社会福祉法人 のぞみ会 ケアガーデン のぞみの杜 施設長 池原 香 様

特別養護老人ホームなど七つの事業を展開する「のぞみの杜」で お年寄りが自分らしく快適に過せる施設運営に取り組んでいらっしゃいます。スタッフの数は約130人、「生活支援ハウス」には介護補助スタッフとして元民生委員など65歳以上の人材も採用しているのも池原さんが「ただそばに居て欲しいというお年寄りのサポートに必要」と思われたからだとか。現在の目標は入居者の「普通の生活の実現」、環境作りやサービスに何が必要か考えを巡らしていらっしゃる、しゃんと背筋を伸ばしておっしゃる若き施設長の池原さんでした。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年6月24日・25日 Co‐CoLife Nagasaki 編集者 菅田多津子 様

障害者向けの初めての季刊誌Co-CoLifeが発売になり、はじめは、モニターとして参加された菅田さんが今回は編集者として活動を始めることになりました。菅田さんご自身障害者で、手に職をとお母様の応援もあり、現在はビーズ講師として展示会を開いたりもしています。前向き、そしてチャレン精神も旺盛な方です。Co-CoLifeは障害者でも普通におしゃれしてお出かけしたり、スポーツもできる、ネイルだって楽しんじゃう・・などなど、対談や体験談も含め内容の濃い雑誌です。現在長崎の書店での購入はできませんが、お問い合わせは菅田さんsugata@co-co.ne.jp までご連絡下さい。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年6月22日・23日 ライター 坂本恵子様

現在IT企業の亀山電気で営業・ライターを担当していらっしゃる坂本さんは、長年「ザ・ながさき」でお仕事されていらっしゃいました。「リブ・ながさき」の編集長も務め、着眼点といい、行動力といいすごいなと感心した限りです。今回親と子のコミュニティサイト「親亀小亀」を作り、最近希薄になってきた若い世代と高齢者の橋渡し的なサイトを目指しているとか。「これからは高齢者対象ですよ!」と坂本さん。長崎さるく幕末編に車椅子の方でも訪れることができるようにも動きたいと、何が必要とされるか・・いつも頭と体を働かせていらっしゃるようすが素敵でした。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。