2009年03月27日

2009年3月23日・24日 絵本作家 東 フミ子 様

出身は大分県、大阪市職員を定年後2005年から長崎に移住していらっしゃいます。外海の夕陽が丘からの眺めに魅了され、持ち家を処分してのお引越しに迷いはなかったそうです。現在は外海で美しい自然と豊かな食材でスローライフを楽しみながら童話やエッセーを書く毎日を過ごしておいでです。今年1月に絵本「じゅんくん あそぼ」を自費出版、子供達にやさしい心、お友達を思いやる心を持って欲しいという気持ちと、子供達を暖かく見守る大人へのメッセージがこもった絵本です。今後、絵本の読み聞かせ、お母さん方の集まりにも参加したいとおっしゃっていました。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年3月18日・19日 長崎歴史文化博物館 古文書・資料補修 富川 敦子 様

貴重な古文書や資料が劣化してして読めない状態になってしまった時、登場するのが補修のプロ。富川さんは長崎歴文博で資料の補修を担当する同館唯一の研究員で、これまで25年の間に補修した資料は数千点に及ぶそうです。補修に使うのは木灰の灰汁。長崎大水害で板状に固まった廃棄寸前の江戸期の資料も修復に成功、今後も「研究を発展させて資料の長期保存に役立てたい。沢山の方に修復された古文書を見に歴史文化博物館に来て頂きたいんですね」とおしゃっていました。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

2009年3月16日・17日 拓版画 中山 暎造様

東京でデザイン関係の仕事をされていた中山さんが45年ぶりに故郷長崎に戻っていらしたのが1999年のこと。久しぶりの故郷の風景は段々畑が宅地となり、家が山から下りてきて墓地をサンドイッチするような有様で驚かれたそうです。その段々住宅の不統一さの中にある「生きる力」をモチーフに、段ボールを原版とした裏彩色拓本を創っていらっしゃいます。段ボールの直線の筋目、ハッチが三種類に限られてるという制約が存在感の密度を高め、また家並みにリズムが見える画面となるとおっしゃりますが、ホントに緻密な工程でできあがった拓版画を拝見するといつも見慣れた長崎らしい住宅群が違って素敵に見えます。若々しく芸術家らしい着こなしもおしゃれな中山さんでした。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

2009年3月11日・12日 ファシリテーション研究会 小松 由里子 様

ファシリテーションとはウィキペディアによれば、「企業内や学校内、地域のコミュニティ等、組織での会議の場などで、発言を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、相互理解を促進し合意形成へ導き組織を活性化させる手法、技術、行為の総称だそうです。確かに円滑に、公平に話し合いがすすまない時は欲求不満が残りますね。。小松さんとの御話、非常に参考になりました。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

2009年3月9日・10日 ながさきめぐりあい事務局 大神 健治 様

「素敵なめぐりあいを求めているあなたを応援します」と、普通の合コンのようなイベントから 観光地への日帰りツアー、農作業や料理体験など独身男女の共同作業によってお互いを知り、理解を深めるようなイベントまで、幅広い企画をしているのが、ながさきめぐりあい事業です。愛のキューピットのお仕事をされている事務局の代表大神さんは「僕も独身なんですけどね〜」とおっしゃっています。春にはハウステンボスへのバスツアーを計画中だそうですが、素敵なめぐりあいが生まれればいいですね。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

2009年3月4日・5日 ダンサー&Rプロジェクト インストラクター KOSUKEさん

813の生放送Street Heaven、毎週木曜日6時から6時半はKOSUKEさんがナヴィゲイトをする「Street Wave」が好評放送中です。局ではよくお会いするのですが、KOSUKEさんって一体どんな人?という素朴な好奇心から、今回はゲストにお招きしました。14歳の時「元気が出るテレビ」内のコーナー「ダンス甲子園」に影響をうけて15歳で地元ダンスチームRed Winsorに入団。それからはまさしくダンス漬けの人生・・。ここ数年は大好きなNYを訪れ本場のダンスから刺激をもらっているのでそうです。KOSUKEさんの華麗なダンスを観て見たい!です。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年3月2日・3日 わっかもん!アジア舞踏祭実行委員会 代表 野口 汐里様

今回 後輩の沓内亜希子さんと一緒に来てくれた野口さんは長崎大学4年生。就職も福岡の情報誌に決まっており、社会人もまじかです。地域の活性化に魅力を感じるとおっしゃいます。今回は実行委員会の代表としての大役を楽しみながらこなしている野口さんです。わっか祭は踊りを通して町を元気にしようと わっかもんが立ち上げたお祭で、今年第4回目、フェアトレード、多国籍料理のブースも加わり、3月7日の水辺の森は賑やかになりそうですね。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年2月25日・26日 ホテルニュータンダ名誉総料理長 山下 慧 様

本年度の現代の名工に選ばれた中のお一人、山下さんは長崎が誇る使用料理人です。1977年の開業当初から厨房に入り、フランス料理で使われるエスカルゴの代わりにサザエを用いるなど、長崎の食材を活かした西洋料理を・・と工夫を重ねてこられました。約30年間、ずっとこだわり続けてきた地産地消の料理が認められての今回の栄誉、現在は県司厨士技能士会長等兼任し後継者の指導にも当たっていらっしゃいます。土井の首にたわわに成る「ゆうこう」を使ってのレシピも紹介して頂き、有り難うございました。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年2月23日・24日 和太鼓衆 大鬼侍 団長 下村 貴洋様

「大鬼侍」と書いて「だいおんじ」。 鬼退治をする侍を太鼓に見立てて名前をつけたとおっしゃる下村さん、普段は保育士としてお仕事していらっしゃいます。和太鼓の鼓動はおなかの中で赤ちゃんが聞いている心臓音と同じといい、だからこそ和太鼓は国境を越え老若男女楽しめるという特徴があるそうです。祭りや結婚式、イベントに呼ばれることが多く、3月8日には「わっかもん!AISIA舞踏祭」のオープニングを飾ります。水辺の森に「大鬼侍」のメンバーが打ち鳴らす太鼓の音が響き渡ることでしょう。
posted by EYE'S OF NAGASAKI at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。